解説

Unityのインストールをしてチュートリアルを実行するまで(Windows版)

Unityはゲームを制作するためのソフトウェアです。Unityを使えばWindowsだけでなくMac版やAndroid/iOSアプリ、Webブラウザゲームも含めた様々な2D/3Dゲームを開発することができます。Unityは非商用や小規模のゲーム開発者なら無料で使用することが可能です。この記事では強力なゲームエンジンUnityをダウンロードしてサンプルゲームを遊ぶところまでを説明します。

Unityプログラミング講座一覧はこちら

Unityプログラミング講座
ゲームエンジンUnityを使ってゲーム制作を始めようと思っている人へ向けた解説記事です。初心者がUnityをインストールするところから始めてゲームを制作するのに必要な知識をできる限りステップバイステップでまとめるつもりです。

この記事のポイント

  • Unity Hubをダウンロードし、Unityをインストールする。
  • Unityで再生ボタンを押すことで、テストプレイができることを知る。
  • プログラミングするのに便利なVisual Studioを追加モジュールとしてインストールする。

Unityのダウンロード手順

Unityを使うにはUnityアカウントを作成する必要があります。アカウント作成にはメールアドレスが要求されるので、メールアドレスを持っていない方はGmailなどでメールアドレスを作成しましょう。

Unityをインストールする手順は以下の通りです。

  1. 公式WebサイトからUnity Hubをダウンロードする。
  2. Unity Hubをインストールする。
  3. Unity Hubを起動してUnityをインストールする。
    (この時にUnityアカウントが必要になります。)

Unity HubはUnityの異なるバージョンを管理するためのソフトウェアです。Unity Hubを通して最新のものも含めた今までのバージョンをインストールすることができます。

Unity Hubをダウンロードする

Unity Hubのダウンロードを行う。

まず、Unityをダウンロードするために、公式Webサイトに行きます。(以下リンク)

Download Unity!
Unity is the ultimate game development platform. Use Unity to build high-quality 3D and 2D games, deploy them across mobile, desktop, VR/AR, consoles or the Web...

Unityを選択+ダウンロードをクリックしましょう。プランと価格のページに行くので、個人向けを選択し、Unity Personalはじめるをクリックしてください。

Unityのインストーラーを選択する。

続いて、インストーラーの選択をします。チュートリアル用のサンプルゲームが付属した初心者用のインストーラーとインストールの細かい設定が可能な経験者向けのインストーラーがあります。ここでは、サンプルゲームをプレイするので、左のFirst-time users始めようを選びましょう。利用規約に同意すると、Unity Hubのダウンロードが始まります。

Unityのインストールを行う

ダウンロードしたUnityHubSetup.exeをダブルクリックして実行しましょう。変更を許可するか尋ねられると思いますが、はいを押して、許可します。
Unity Hubセットアップのウィンドウが立ち上がるので、ライセンス契約に同意するを押します。次に、インストールするフォルダを選択し、インストールを押すとUnity Hubのインストールが始まります。

Unityのインストールを行う。

Unity Hubのインストールが終了したら、いよいよUnityをインストールします。Unity Hubを実行にチェックを入れて完了を押します。Unity Hubが起動したらUnityのインストール先フォルダを指定してインストールを押しましょう。

UnityのIDを作成する。

Unityアカウントの設定画面が表示されます。アカウントを持っていない人はユーザーネームとメールアドレス、パスワードを入力してUnity IDを作成しましょう。

サンプルゲームとしてプラットフォーマーを選択する。

次に、マイクロゲームの選択をします。サンプルゲームがいくつかありますので、好きなサンプルを選びましょう。ここでは、2Dゲームのプラットフォーマーを選んでみました。

サンプルゲームを始める

サンプルゲームをプレイする。

Unityのインストールが完了したらさっそく起動してみましょう。UNITYを起動をクリックすると、さきほど選んだサンプルゲームが開きます。(少し時間がかかります。)チュートリアルのウィンドウが出ますが、無視してOKです。

画面が開いたら上部にある再生ボタンを押してみましょう。ゲームをプレイすることができます。サンプルゲーム「2Dプラットフォーマー」の場合には矢印キーで移動、スペースキーでジャンプができます。ステージ右側にあるゴールにたどり着いたらクリアです。(サンプルゲームなので、クリアしてもプレイヤーが操作不能になるだけで特に何も起こりません。)ゲームの再生を中止する場合は上部のボタンをもう一度押します。

追加のモジュールをインストールする

以上でUnityのインストールは完了です。しかし、これだけではWeb版のゲームしか作れないなど、足りないものが多いです。追加で必要なものをUnity Hubを用いてダウンロードしましょう。

Unityにモジュールを加える。

Unity Hubを開いて左側のメニューからインストールを選んでください。ここにはインストールしてあるUnityのバージョン一覧が表示されます。右上にある縦に点が3つ並んだメニューアイコンをクリックし、モジュールを追加を選択します。

Visual Studioのインストールを行う。

ここでは、プログラムを書くのに便利なエディターであるMicrosoft Visual Studio CommunityとWindows用ゲームを制作するために必要なWindows Build Support, UnityのドキュメントであるDocumentation, 日本語サポートにチェックを入れて次へを押します。利用規約に同意して実行を押せばインストールが始まります。

(Mac版のゲームを制作したい場合はMac Build Supportにチェックを入れます。オプションの項目にチェックすればするほどファイルの容量が増えるので、必要になったときにその都度インストールすることをお勧めします。)

Visual Studioをインストールした後は、PCを再起動する必要があることに注意してください。

まとめ

このページでは、ゲームエンジンUnityのダウンロードとインストールを行いました。これで、ゲームを作るための準備が整いました。次回からUnityを使ったゲーム制作を始めましょう。

Unityプログラミング講座一覧はこちら

Unityプログラミング講座
ゲームエンジンUnityを使ってゲーム制作を始めようと思っている人へ向けた解説記事です。初心者がUnityをインストールするところから始めてゲームを制作するのに必要な知識をできる限りステップバイステップでまとめるつもりです。
タイトルとURLをコピーしました